【サファリパークみたい】愛知県豊橋市 のんほいパーク 動物園ゾーン

旅行

こんにちは。だいすけです。

今回は、愛知県豊橋市にある「のんほいパーク」にいってきました!(2021/7/24)

ここは展示の仕方が上手ですね。

木の配置とかが上手だったり、飼育室の床に草や土を敷き詰めることで、

サファリパークのような、野生にいるかのように魅せてくれました!

だいすけ的、心に残ったところTop5をご紹介します!

だいすけ的Top5

1位 サファリにいるみたいなレイアウト

上のキリンの写真で分かる通り、地面に草を生やし、木を植えることで

アフリカにいるように見えないでしょうか。

さらに、同じエリアにエランドという別の動物もいました。

同じエリアに複数種の動物がいるっていうのも、サファリみたいですよね。

夜だとまた違った様子が見れました!

Night Zooには、シンガポール動物園にいったことがあります。

ここは常時ナイトサファリもやっていて有名ですよね。

個人的にシンガポール動物園に負けず劣らず、むしろ値段を考えるとのんほいパークのほうがいいんじゃないかな

なんて思うほどでした。

(シンガポール動物園 ナイトサファリ入場料:S$34(3,000円弱)
 のんほいパーク ナイトズー入場料:1,500円)

【雑談】

地面がコンクリートでなく、土や草が多いせいか、ハゲがあったり、皮膚が荒れている個体が少ない印象を受けました。

自然により近い土や草のほうがすれないのか、ストレスが少ないのか。

飼育員さんたちからするとメンテナンスが大変だと思いますが、

見る方もサファリみたいでワクワクするし、動物にとってもストレスが少ないのなら、

非常にいいと感じました。

名古屋市にある東山動植物園も色々改装をしていますが、そういう方向にもっていくのかな。

2位 赤ちゃん

5/11に生まれたキリンの赤ちゃんがいたり、6/9に生まれたフサオマキザルの赤ちゃんがりたり。

のんほいパークは出産ラッシュでしょうか?

7/24時点でも、まだ小さめでしたよ。かわいい〜

ママの背中にしがみついててかわいい〜

3位 しろくまとぺんぎん

訪れた日は晴天。最高気温は30.9度と暑い!

そんななか、しろくまさんも暑いということで、だらーーーんとしていました。

ちょっとかわいい。

同じ館にはペンギンコーナーもあります。

このペンギンコーナーは冷房がしっかり効いている!

長イスもあり、暑さにやられた身体を休めるには最高です。

ペンギンはとっても元気で、水中を泳ぎまわり、時々水面上にジャンプしてました。

こういうのを見ると、ペンギンって鳥の仲間ということを納得できますね。(動画の貼り方がわからないので、写真を貼ります。)

4位 給水器

上でも書きましたが、訪れた日は暑かった。コロナということでマスクもしなければいけなく、本当に暑い。水分を摂取しても摂取しても足りない!

そんなとき、ドケチな倹約家なだいすけにありがたいのが給水器!

これ、本当助かりましたよ!お水を入れる水筒を持っていけば、どれだけでも飲めます。

4時間いた中で、2リットルくらいいただきました。ありがとう!

動物園エリアだと3位に書いたしろくまやペンギンの居る極地動物館ですね。

あとは授乳室にあるようですが、女性専用なので詳しくは公式さんをみてください。

【公式】のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)
愛知県豊橋市の動物園・植物園・遊園地・自然史博物館が併設された「のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)」です。自然に近い環境で過ごす動物たちや季節ごとに変化する植物を観察したり、地球の歴史を学ぶことができる総合公園です。

結論:水筒を持っていこう

5位 三河弁を使ったポスター

方言フェチなだいすけ。

「じゃん」「だら」「りん」で有名な三河弁をステッカーや説明のポスターに散りばめられていました。

地元の人には親しみが湧くし、地元じゃない方言フェチな人には、遠くに来てその土地の雰囲気を感じられていいですね。

【雑談】

名古屋の大学に行っていました。

その時「じゃん」「だら」「りん」もたくさん聞きましたが、「じゃん」にはイマイチ慣れず。。。

「じゃん」って同意を求められているように聞こえるんですよね。岐阜弁話者のだいすけにとって。。。

アクセス

車で行く場合、門が3つあり悩みますよね。(東門・中央門・西門)

動物園メインでいくなら、おすすめは西門か中央門です。

特に西門は目の前にすぐふれあい広場(ヤギやひつじ、うまがいます)があるので、

お子さん連れだといいかもしれませんね。

東門は植物園と遊園地に近いので、動物園に行くにはちょっと遠いです。

お子さん連れだと、遊園地につれていけって言われる可能性もありそうですね。

怖い怖い。笑

ちなみに駐車料金は1回200円です。交通系ICカード(TOICA、manaca等)で支払いできます。

(ナイトズーは駐車料金かかりません!無料!すばらしい!)

料金

昼の部:

大人 500円 (前売券 480円)
子供 100円 (前売券 80円)

※前売券はコンビニでは買えません。入場日の前日以前にのんほいパーク、もしくは豊橋市役所で購入できます。

営業案内・アクセス|【公式】のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)
愛知県豊橋市の動物園・植物園・遊園地・自然史博物館が併設された「のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)」の「営業案内・アクセス」ページです。自然に近い環境で過ごす動物たちや季節ごとに変化する植物を観察したり、地球の歴史を学ぶことができる総合公園です。

ナイトズー:

大人 1,500円 (前売券 1,300円)
子供 700円 (前売券 600円)

※こちらは昼の部の前売券売場に加え、豊橋市と田原市のセブンイレブンでも購入可です。

ドキドキ×ワクワク最大級!!のんほいパークナイトZOO!|【公式】のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)
夏のレジャーは夜が本番!のんほいパークでは夏の期間、ナイトZOOを開催します!見どころ最大級!もうドキドキが止まらない!特設サイトはこちら! 基本情報イベント期間7月21日(金)~7月23日(日)、7月28日(金)~7月30日(日

支払手段は現金、交通系ICカード、WAONが使えます。

まとめ

市営施設なので料金安い!

まるでサファリパークにいるかのような展示!

給水器があるので、夏は水筒をもっていこう!

夜は涼しくて見やすいよ!いつもと違う動物の顔も見れます!

だいすけ
だいすけ

近くに住んでいたら

年パス買いたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました